フォトアルバム

SHOP

Powered by Six Apart

« 贅沢な気分でした | メイン | 楽しんできました »

2008年5月25日

何処までだって行きますよ♪

綾町の「綾の食卓」での友人の娘さんの結婚式の様子です。ご覧下さい。

友人とは子供達を通して知り合い、私が第二の人生を歩くキッカケを作った大事な女性、以前から家族全員の着物担当です。友人は大島紬地にスワトウ刺繍を施した黒留袖、男性は大島紬のアンサンブル、お嬢さんは大島紬地をグラデーションに染めた色無地で帯もお揃いの色違いです。お色直しでお嫁さんは、大島紬の振袖をお召しになりました。

Cimg8587

花嫁さんと新郎…ではなくてお兄さんです。

Cimg8586

結婚式はご親族や親しいお友達が参加のガーデンウェディング、生憎の雨模様でしたが、テントが張ってあり、雨の中ながらも緑を楽しみながらの結婚式でした。新郎が宮崎のケーブルテレビにお勤めでTVカメラが入って密着取材をしたり、プロのアナウンサーが司会なさったりと、華やかな雰囲気に包まれていました。

Cimg8590

お式は「人前式」でした。初めてみる人前式、着付けの合間にしっかり覗いてきました。新郎新婦のお兄様とお姉さまが誓約書に署名、それを皆さんにご覧頂き、新郎新婦のお二人が宣誓されるというシンプルだけど、心のこもったお式でした。

Cimg8596

Cimg8597

Cimg8598

新婦の着付けの時は時間が押していて、本当に大忙しでした。着付け時間は計っていませんでしたが、新記録樹立したと思います。ヘアーとメイク担当の宮崎の美容師さんが「こんなに早く振袖着せるのを見たのは初めて」とおっしゃってました。結婚式の主役のお嫁さんなので、本当はもっとゆっくり着付したかったのにと、残念やら心残りやらの私でした。

Cimg8600

友人はミュージャンで音楽一家、お姉さんの伴奏で家族全員で「OH HAPPY DAY」を熱唱、本当に素晴らしい歌声でした。

Cimg8603

新郎のお母様もお若い時に声楽を勉強されていたとの事、お嫁さんの伴奏でお母様お二人が「花」を披露されました。

Cimg8604

本当に心のこもった楽しい雰囲気の結婚式でした。こんな素敵な結婚式のお手伝いできたこと、とても嬉しく思っています。友人一家の結婚式はこの後も私が担当です、何処までだって行きますよ。

Cimg8588

今回の着付けは遠方での仕事だったのでアシスタント無しで一人で頑張りました。本当に大忙しで、お一人お一人の着物姿の画像が撮れませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よろしければ↓↓↓のリンクをクリックして当Blogを応援お願いします。

人気blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

heartWEB講座」を開講しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

綺綸堂オリジナル着物スリップ」は、「補正機能付き和装用肌着」として実用新案登録(登録第3135954号)されています。

heart工房綺綸堂」では、和装の「ウェルカムベア」や「男の子」「女の子」のぬいぐるみの着物ベアを作っています。出産祝いや贈り物に最適です。詳しくはこちらをご覧下さい。

heart工房綺綸堂」の「和装ウェルカムベア」にオーダーメイドの項を作りました

コメント

お忙しい中、コメントありがとうございます。
とても素敵なお式でしたね。新しい人生の門出の
お手伝いをさせていただいた事、とても嬉しく、ありがたく思っています。
バタバタでお二人の着物姿の写真が撮れなくて残念でした。皆さんにご披露したかったです。。。
振袖は。。。こっそり着ちゃえば♪

お幸せに♡♡♡

昨日は本当にありがとうございました!前日から泊り込んでいただき、遅くまでの準備。そして当日は家族全員の着物を着付けるという大仕事にも関わらず、物凄い勢いでこなしてくださいましたね!おかげ様でとてもよい式になりました。ありがとうございました。終わってから改めて気づいたのですが、人生最後の振袖だったんですよね。もっとしみじみと脱げばよかった!!これからも華やかに振袖がきたいんですが、やはりだめですかね?残念です。ハナヨメ

こちらこそ、晴れの日の皆さんの着付けのお手伝いが出来て、本当に嬉しかったです。
着付けが自分でできると着物を着る機会も
増えますね。
その時は、私のアシスタントをお願いします。
あっ、自分のお式のときは無理ですね(苦笑)

結婚式大変お世話になりました!!
家族全員の着付け本当にありがとうございました。素敵に着物を着せていただいて、とてもうれしかったです。
私もやっぱり着物を自分で着付けられるようになりたいなぁとなぜかしみじみと思ったお式でした。

コメントを投稿

最近のトラックバック